駆除や退治は業者に依頼する|嫌な害虫や害獣にもう悩まない

快適生活

夜間のトラブル

ハクビシン駆除はまず市町村へ連絡

家を守ろう

近年、日本各地で野生動物による被害が増加しています。その中でも、急増しているものに、ハクビシン被害があります。ハクビシンは以前から日本に生息していたと言われていますが、現在増えて被害を起こしているのは、毛皮用に輸入され飼育されていたものが野生化したものと考えられています。ハクビシンは迷惑な獣ですが、野生動物なので鳥獣保護法によって捕獲を制限されています。野生動物の被害が多い地域では、最寄りの市町村に鳥獣害対策の部署が必ずありますので、ハクビシン駆除はまずそこに連絡します。市町村では、被害が出ると猟友会等と連携して対策をしてくれます。地域でハクビシン駆除用の箱罠を準備しているところもあります。法律で捕獲は請願されているのですが、自分の敷地内であれば罠を仕掛けて捕獲することができます。専門業者もありますが、捕獲から処理まで依頼すると10万円程度かかるようです。市町村に依頼すると費用は掛かりませんので、まず相談してください。

有害鳥獣捕獲隊と連携して対策をすすめよう

ハクビシンは、昼間は、巣穴に隠れており夜に動き回る夜行性で、民家の床下・屋根裏などを好んで棲家にします。近年、都市部に空き家が増えています。そこを棲家にしている事例が多く、都市部で生息数が増えている大きな原因となっています。人が住んでいても屋根裏や軒下は住人も対策しにくい場所なので住込まれる事例もあり騒音や糞尿の被害があり非常に苦労しています。今後も、捕獲や空き家対策等の駆除を本格的に実施していかないと被害を減らすことができない状況です。効果的にハクビシン駆除を進めるために、各地域で有害鳥獣捕獲隊を編成しています。捕獲隊と地域住民が協力して対策することで、ハクビシン駆除がすすみ被害の軽減につながっていくことになります。