駆除や退治は業者に依頼する|嫌な害虫や害獣にもう悩まない

快適生活

お読み下さい

施工内容と相場

耳寄り情報

ハクビシンは、果物や野菜などを好み農作物を荒らす被害をもたらす動物です。駆除方法はハクビシンを追い出すために捕獲し、侵入防止の工事や消毒などをします。専門の業者に委ねると適切です。

続きはこちらに

被害が続出している

NO!

ハクビシンの被害は多く、悪臭や騒音の他にも農作物を荒らすなどさまざまな問題をもたらしています。これらを自分で駆除したいと考えている人は役所に申請を出し、業者に依頼すると早急な解決に繋がります。

続きはこちらに

こちらも注目!

家を守ろう

夜間のトラブル

ハクビシンは夜行性のため、屋根裏に住み着いてしまった場合、騒音などのトラブルに見舞われます。騒音以外にも糞尿などにより、悪臭や不衛生な環境などの被害報告も挙がっています。

続きはこちら

治しましょう!

二次被害の恐れ

ハクビシンが基本的に行動するのは夜であり、明るい時に目にすることは少ないです。猫と同等の種類ですが、鋭い脚力を持っており、最大で1メーターほどジャンプすることもできます。適切に駆除するには業者に依頼しましょう。

続きはこちら

プロならではのわざ

大切な家を守るプロを紹介します。シロアリ被害で困ったら、駆除を専門とするプロにお願いしましょう。長期保証が信頼の証です。

様々なトラブルを招いてしまうアライグマの駆除を依頼したいと思っているなら、プロフェッショナルに頼むといいでしょう。テキパキと対処します。

屋根裏

シロアリやゴキブリなどさまざまな害虫被害が挙がっていますが、その中でも特に注意したいのがはちです。はちは主に玄関やベランダなどに巣を作るといった被害報告が多々挙がっています。はちの種類によっては強い毒を持っており、人間を刺すこともあります。重症につながる恐れもあり、中には死に至るほど危険な虫でもあります。そんなはちの駆除は、自分で行なうことができます。ホームセンターなどにははち駆除グッズが販売されているため、だれでも手軽に購入できます。中には高いところにあるハチの巣を駆除する棒などもあるため、女性でも安心して駆除することが可能です。しかし、はちは人間を襲う習性があるため、駆除する際はじゅうぶん注意する必要があります。ハチの巣をむやみやたらにつついたり、無理やり外そうとしてはいけません。怒ったはちたちが一斉に襲ってくる危険性があります。そのため、まずはスプレーなどでハチを退治する必要があります。スプレーを噴射する際も大量のはちには敵わない危険性があります。そうならないためにもはちから身を守る防護服を着用することが適切です。はちみつ栽培業者などが身につけているもので、これらもホームセンターなどで購入できます。

しかし、安全に駆除するにはプロの業者に依頼することが大切です。素人にはない専門的な知識をもっているので、的確に駆除してくれます。また、はちを一匹残らず退治してくれるため、逃すことがありません。また、巣を駆除する際にも住宅を傷つけることがないため、業者に依頼することが大切なのです。ハチの巣の駆除には適切な時期やタイミングがありますが、これらも業者ならしっかりと見極めてくれるため業者に依頼することが大切なのです。

糞害などの被害にあっているなら鳩駆除業者をこちらで紹介してもらいましょう。年中無休で相談受付中ですよ。おすすめです。

アライグマの駆除をおこなってもらうなら、こちらにおまかせしましょう。プロのスタッフがしっかりと対応してくれますよ。